藍などについて勉強しました

勉強をしました。主顔とは主人らしいさま、まるで主人であるかのような様子という意味です。主がるとは主人らしくすることです。「あるに」とはしかし、それなのにという意味です。あるべきとはそうあるのが適当な、当然のという意味です。あるべき限りとはこの上もないほど、できるだけという意味です。吾にもあらずとは夢中であることです。生れ継ぐとは次々に生まれることです。沫雪とは泡のようにやわらかく解けやすい雪のことです。藍とは、たで科の一年草です。濃い青色のことです。青嵐とは初夏、青葉を吹き渡る風という意味です。青糸毛の車とは青色のより糸で車箱の上部を飾った牛車のことです。皇后・中宮・東宮・摂政・関白などの乗用とされました。青色の袍とは天皇の平服のことです。青垣とは青く茂った山々が、垣のようにまわりを取り囲んでいることです。青垣山とは青い垣根のように連なる山のことです。青貝とは螺鈿に用いる貝のことです。やこうがい・おうむがい・あわびなどの総称です。http://www.julesbianchisociety.org/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク